ecoms - architecture Aluminum future ecoms TOPページへ

「t2住むためのプロダクト」Competition

[テーマ] メタボライジング

応募は9月30日をもって締め切らせていただきました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

過去では、郊外エリアの大規模開発・ニュータウンに、一戸建て住宅、中高層集合住宅が、
現在では、都心エリアの再開発地区に、50階を超える超高層集合住宅が、大量に供給されています。
ICT社会、グローバル社会が到来した現在、そして未来に、
メタボライジングに基づく新しい居住スペース、居住スタイルを創造したいと考えます。

SUS「t2住むためのプロダクト」Competition'15 実施概要

[テーマ] メタボライジング t2住むためのプロダクトによる新しい居住の形

アルミ製ミニマル居住ユニット t2を用いた新しい居住スペース、居住スタイルの提案を募集します。キーワードはメタボライジング。「増やせる。減らせる。動かせる。」という t2の特徴を最大限生かすことがテーマとなります。使用するユニットの数に制限はありません。敷地についても限定はせずに、郊外、都心の住宅地はもちろんのこと、街区や都市、国土全体を対象とした計画でもよいこととします。また、居住する対象も、個人であろうと、家族であろうと、もっと別の集団であろうと構いません。「いま」という時間、「ここ」という空間にとらわれない居住の新しい概念を提案してください。

[審査委員]
  • 和田智和田智
    カー&プロダクトデザイナー
    SW design代表取締役CEO
  • マーク・ダイサムマーク・ダイサム
    建築家
    クライン ダイサム アーキテクツ代表
  • 金田充弘金田充弘
    構造エンジニア
    東京藝術大学美術学部准教授
    Arupロンドン事務所
  • 石田保夫石田保夫
    SUS株式会社代表取締役社長
[賞金]
最優秀賞(1点)100万円/優秀賞(2点)30万円/佳作(3点)10万円(すべて税込み)
[応募資格]
国内在住の方であれば資格を問いません。グループでの応募の場合は、代表者の方が日本国内在住の方であることとします。
[応募条件ならびに諸注意]
  1. t2は、そのユニット、allen、および鉄骨構造体で構成されます。
  2. t2ユニットは、参考図面にある設備、什器を装備することを原則としますが、設備、什器を追加、削減して提案していただいて構いません。
  3. allenは、現場施工のため、t2の「増やせる。減らせる。動かせる。」より、補助的な空間とします。
  4. t2に用いる鉄骨構造体も、リユース可能を原則とします。
[提出方法]
一般図、透視図などを中心にして計画、設計意図を表現してください。それらをA2サイズの用紙2枚以内、片面横使いにまとめ、WEBサイトより応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入したうえ、提出して下さい(応募用紙は作品に貼らずに同封してください)。
[作品提出締切および提出先]
作品提出受付期間
2015年9月1日(火)から9月30日(水)
提出先
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町1-7 スクエア日本橋3F
SUS株式会社 エコムスマーケティングチーム
提出方法は送付のみとします。9月30日(水)17時必着で送付して下さい。

[参考資料]
  • ecoms42号 SUS「t2住むためのプロダクト」Competition‘15
  • ecoms36号 特集「t2誕生」
  • ecoms37~41号 連載「t2増減動が可能なシステム」
  • ecoms40号 特集「ecomsパネル」
[質疑]
これまでに皆様より頂きましたご質問についてお答え致します。
質疑
[審査結果の通知および発表]
審査結果は、受賞者に速やかに通知し、11月20日(金)に当WEBサイトにて発表します。
[応募案の取り扱い]
  1. 応募作品は国内外未発表のものに限ります。同一作品の他設計競技との二重応募は認められません。また、応募作品は返却しませんので、必要な場合はあらかじめ複製しておいて下さい。
  2. 提出後の作品内容の変更は受け付けません。
  3. 応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、応募者は応募作品に関する著作者人格権を行使しないこととします。応募作品は適宜、弊社PR誌や展覧会などで公開することがあります。
  4. 著作権の実施に対する交渉権は主催者が専有します。
  5. 実施の場合には、最優秀案を基本計画とし、応募者と協議の上、主催者が主導となり推進します。それに伴う応募者の作業、その経費に関しては別途協議することとします。
  6. ただし、応募作品について後日著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合は、すべて応募者の責任になります。そのような場合は主催者の判断にて入賞を取り消すことがあります。

SUS「t2住むためのプロダクト」セミナー

8月8日に開催させていただきましたセミナーに関しましては、大変多くの方にご来場を賜り、誠にありがとうございました。なお、コンペにつきましても、皆さまからのご応募をお待ち申し上げております。

テーマ:メタボライジング

日 時:2015年8月8日(土)15時から17時50分
参加費:無料
会 場:野村コンファレンスプラザ日本橋5階大ホール
    〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2丁目4-3
講 師:和田智 マーク・ダイサム 金田充弘 石田保夫

「t2住むためのプロダクト」セミナー