ecoms - architecture Aluminum future ecoms TOPページへ

耐震シェルター

地震の際に人命を守る、簡単施工、低価格のアルミ製耐震シェルター

1981年の建築基準法改正前に建てられた建物は、大規模地震で大きな被害を受ける可能性が高いといえます。このような建物には耐震補強を施すことが望まれますが、現行の基準に沿うとなると大がかりな補強が必要で、コストも多大になります。そのため、何もしないまま住まわざるを得ない状況が多々あるほか、既存躯体の強度不足のため耐震補強ができない場合もあります。このような状況で真価を発揮するのが、ecoms非固定型耐震シェルター(以下、耐震シェルター)です。これは、既存家屋の居室内部に人命救助を目的としてつくる、アルミパネルを構成要素とするシェルター(箱)です。

耐震シェルター

耐震シェルターの特長

人命救助

  • 家屋が倒壊してもシェルターは形状を保ち、中にいる人を守ります。

簡単施工

  • 家に住み続けながら施工ができます。半日程度で重機を用いません。

低価格

  • 材料費+施工費込みで100万円以下(6畳タイプ)を目指しています。

普段使い

  • 開口部を2カ所設けることができるので、普段は居室として使えます。

無駄のない空間利用

  • 設置する居室の大きさに合わせて数タイプを用意します。

関連商品

  • ベッドやデスクなどのアルミ家具ほか、災害向け備品を用意します。