ecoms - architecture Aluminum future ecoms TOPページへ

ecoms37号発行 12年目のリスタート

2003年1月の創刊以来、『ecoms』誌はアルミ建築の啓蒙を目的に編集を続けてきましたが、10年以上にわたる刊行を通してその目的は達成できたのではないかと考えています。

今後はアルミのメリットを最大限に生かした建築技術を、誌面を通して追求していきます。

特集
「ecomsの基礎」

37号では「ecomsの基礎」と銘打って、建物の基礎や杭を取り上げます。ecomsが追求している工場生産、規格化、リユース可能、工期短縮といったテーマが基礎についても実現できるのか、その可能性を探ります。

新連載
「t2増減動が可能なシステム」その1

前号で紹介したSUS静岡事業所実験棟およびt2。これらが目指す今後の方向性をまとめました。

新連載
「テクノロジーの明日」第1回

連載「蔵考」第二回 蔵の架構

これまで16回にわたり連載を続けてきた「建築家インタビューシリーズ」に代わり、今号から「テクノロジーの明日」が始まります。

建築に限ることなく、テクノロジーをキーワードにさまざまな分野で活躍される皆さんを毎回1人取り上げます。
第1回に登場いただくのは、生命化建築を唱える慶應義塾大学の三田彰教授です。

新連載
「アルミを知る」1 

新連載「アルミを知る」は、これまで納品させていただいた実例や調査・研究を通して、素材としてのアルミを紹介する連載です。
第1回のテーマは「耐食性がよい」。高いアルミの耐食性を、実証実験の結果を交えて解説します。

進化するアルミをさまざまな切り口で紹介 -その他のコンテンツ-

  • ・動く建築
  • ・アルミ構造設計入門 Vol.33「接合部の設計」 飯嶋俊比古
  • ・納品実例
    1. 中東遠総合医療センター付帯バス停留所待合室
    2. 集合住宅付帯駐輪場屋根
    3. スモール・ポリス・ボックス(タイ・チェンマイ)
    4. 金子塔 覆い屋
    5. 可動式受付ブース 正覚寺別館たちばな
    6. 不二家 埼玉工場 守衛室改修

関連項目