ecoms - architecture Aluminum future ecoms TOPページへ

ecoms38号が発行 12年目のリスタート第2弾

特集1
「ecomsの鉄骨」

エコムスは、その原点である経済性、環境性、標準化を常に意識したものづくりに挑戦します。 今回はその一環として、t2に用いる鉄骨を特集のテーマとして取り上げました。 リユース、工場生産、規格化、工期短縮を可能にする「ecomsの鉄骨」のあるべき姿を探ります。

新連載
「t2増減動が可能なシステム」その2

改良が加えられた新しいt2「住むためのプロダクト」を紹介します。収納の不足、シャワー使用時の結露、遮音の問題などが解消されました。2012年11月に竣工したSUS静岡事業所実験棟を用いて続けられてきた、居住性能に関する調査結果を反映したものです。

特集2
「ecomsの駅」

これまでecomsは、全国の駅に数多くの待合室やキオスクを納入させていただきました。最近では、回転式のホーム上家なども手掛けています。これらはすべてアルミの特徴を最大限に生かしたもの。
特集では、鉄道関連施設におけるアルミの優位性を考えます。

ecomsの駅

進化するアルミをさまざまな切り口で紹介 -その他のコンテンツ-

  • ・連載 テクノロジーの明日 山崎康造/株式会社キヤマ 髙橋和志/株式会社 髙橋工業
  • ・連載 動く建築 Canary Wharf Kiosk/Make Architects
  • ・アルミ構造設計 Vol.34「接合部の設計」 飯嶋俊比古

関連項目