アルミの可能性を
追求した
エコムスの建材

エコムスは、唯一無二の構造材から、
エッジの効いた意匠材まで
独創性の高いプロダクトを提供しています。

2002年建築基準法が改正され、建築構造材料としてアルミが正式に認定されてから、
日本で最初にアルミ建築物として認可を受けたエコムスホール。
以来エコムスは、アルミ建築の研究開発を日々重ね、押出材の特長を生かした建材をご提供しています。

建築構造材

アルミ押出型材を用い、基本モジュールを展開する建築システムを独自に構築。

ラチスパネルは、構造材として利用することができる1,200mm×1,200mm のパネルです。 X型のアルミ押出材をスライスし、嵌合という接合方法で連結し、積層させていくことで、このパネルはできています。押出材の長さを変えれば、パネル の厚さも変わるので、それにより耐荷重の調整も可能です。構造材として 用いることができる強度を持ちながらも、格子を通して光を透過する軽やかさが特徴です。

  • 内壁開口補強枠材
  • 十字型材
  • T字型材
  • 格子材
  • 格子材 端部

ルーバー

アルミのシンプルな美しさを最大限に引き出した、エコムスのルーバー。
電動ルーバーの研究開発も行っています。

Louver 15100/15150

Louver F140

スパンドレル

あえて塗装せず、アルミ本来の素材感を生かした、エコムスのスパンドレル。
照明との相性もよく、空間にリズム、規則性を与えます。

仕様の詳細につきましては、ご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

エコムスグループ

TEL.03-5652-2393

受付時間 / 平日 9:00~17:00

メールでのお問合せはこちら

お問合せ/資料請求