ecoms - architecture Aluminum future ecoms TOPページへ

SUSアルミ共生建築Competition

アルミと蔵 相利共生の建築空間をデザインする

SUSでは2004年より毎年アルミをテーマに建築やプロダクツの提案を求めてまいりましたが、今年は「アルミ共生建築Competition」という名称の下、「アルミと蔵」をテーマに作品を募集します。

【主催】SUS株式会社ecoms事業部 【後援】七日町通りまちなみ協議会 【協力】AXIS、日本デザインコミッティー

「SUSアルミ共生建築Competition」 応募概要

[テーマ]アルミと“蔵”

 高度成長期より、地方の過疎化が人口流出によって進行しました。活力を失った地方では、長い年月をかけて人々の営みを刻み続けた民家、町家、蔵などが朽ちかけている風景を多く見かけます。近年、それらを修復、再生して、現代のライフスタイルに合わせて使いこなす事例も増えています。それらが多く存在する市町村では、リノベーションの核としてまちなみを整備し、まちおこしに取り組む地域も出現しています。
 今回は、歴史的建築物とアルミニウムとの「相利共生建築※」の提案を募集します。
提案の対象として、会津若松市七日町通りに面する敷地と、そこに建つ“蔵”群をモデルとして設定します。“蔵”に対して、古さと新しさ、重厚さと軽快さ、文化と科学など、対比的なアルミ部材やアルミ構築物・建築物を付加することによって、その保存にも配慮しつつ、新しい機能、用途を提案し、相利共生の建築空間をデザインして下さい。アルミと“蔵” 群との融合体が、七日町通りのまちなみの新たなるアクセントとなり、まちおこしに寄与することも期待したいと思います。
 今回の提案は、実現を前提としたものではありませんが、提案内容に併せ諸条件が整う場合、具体化する可能性があります。

※相利共生:異種の生物が行動的・生理的な結びつきをもち、1カ所に生活し、相互に利益のある状態。ヤドカリとイソギンチャク、アリとアブラムシなど共生の一種。

敷地の拡大図 地図:会津若松市七日町通り 対象となるレンガ蔵

対象となるレンガ蔵

  • 写真:蔵
  • 写真:蔵
  • 写真:蔵

七日町通りに建つ蔵(対象となる敷地に建つ蔵ではありません)

[審査委員]
北川原温(建築家・東京藝術大学教授/審査委員長)
渋川惠男(七日町通りまちなみ協議会会長)
飯嶋俊比古(構造家・飯島建築事務所代表)
石田保夫(SUS株式会社 代表取締役社長)
[賞金]
最優秀賞(1点)100万円/佳作(2点)30万円
[応募資格]
日本国内在住の方であれば資格は問いません。グループでの応募の場合は、代表者が日本国内在住の方であることとします。
[応募提案条件、並びに注意]
応募提案においては、七日町通りに面するレンガ蔵と敷地内の3つの土蔵(土蔵のいずれか1つは敷地内で移設できる)を対象に修景、改築し、かつカリン、カキ、モミジの樹木は敷地内の移植も含め保存を原則とします。
応募提案は、都市計画法などの関連法規、「七日町中央まちなみ協定(抜粋)」(ダウンロード可、「コンペ条件・配置図」内)を考慮し、また駐車場は、敷地外の共用駐車場にて対応することとします。会津若松市七日町通りの視察、調査においては、周辺の住宅、店舗などへの十分な配慮をお願いします。
[提出方法]
敷地、建物の現状図を参考にして、配置図、平面図、立面図、断面図、透視図などを中心にして設計意図を表現して下さい。それらをA2サイズの用紙2枚以内、片面横使いにまとめ、必要事項の記入した応募用紙とともに、提出してください。
  • 応募用紙ダウンロード
  • 資料ダウンロード

資料には、コンペ条件・配置図、レンガ蔵・土蔵A・土蔵B・土蔵Cそれぞれの平面図・立面図・断面図が入っています。

[作品提出締切および提出先]
募集期間:
2009年7月1日(水)〜9月30日(水)
提出先:
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-1-1 ORIKEN平河町ビル2F
SUS株式会社 広報チーム
送付のみ受け付けます。9月30日(水)17時必着で送付してください。
[質疑]
課題についての質疑応答は受け付けません。
[審査結果の通知および発表]
審査結果は、受賞者に速やかに通知し、11月18日にこのページにて発表します。
[応募案の取り扱い]
応募作品は国内外未発表のものに限ります。同一作品の他設計競技との二重応募は認められません。また、応募作品は返却しませんので、必要な場合はあらかじめ複製しておいてください。
提出後の作品内容の変更は受け付けません。
入賞作品の著作権は応募者に帰属しますが、応募者は応募作品に関する著作者人格権を行使しないこととします。また、著作権の実施に対する交渉権は主催者が専有し、実施の場合の著作権料は主催者と協議決定することとします。
ただし、応募作品について後日著作権侵害やその他の疑義が発覚した場合はすべて応募者の責任になります。そのような場合は主催者の判断にて入賞を取り消すことがあります。

たくさんのご応募ありがとうございました。
入賞作品は、11月18日にWEBサイトにて発表します。

会津若松市七日町通りについてもっと知りたい方はこちら