増やせる、減らせる、動かせる。アルミ製タイニーハウス、t2

これは建築ではない。住むためのプロダクトである。

「建築」を土地に固定された、動かせないものと定義するならば、動き、変化する「t2」は建築ではありません。建築ではないという表現に違和感を覚える人もいるかもしれません。
人は成長とともに、家族構成、年齢、住む場所、職業、収入、趣味、体力などが変化していきます。それらに合った生活をするためには、居住空間もその変化に応じて変わってしかるべきだと考えます。
人が動き、人が建築を動かす。部屋数や構成を考えながら、環境変化に対応していく暮らし方が求められています。
「t2」は、動く、変化するということを実現するためのミニマルハウス、居住ユニットです。単独での使用はもちろんのこと、集合させることで戸建て住宅から集合住宅、街区、都市にまで展開することが可能です。また、組み合わせを変えれば、さまざまな用途に対応できます。すなわち、都市を構成する最小単位の部屋が「t2」なのです。